オフィス賃料

2019年7月10日

マンションオフィスビルの賃料は、現在もリーマンショック前の水準に戻っている、という記事がありました。

「高い賃料で入居していた外資系金融機関などの相次ぐ撤退や規模の縮小に加え、

高スペックなビルが標準となり、物件の差別化は難しくなっている」(週刊東洋経済2017.6.17)という。

しかし、「オフィスからの賃料を収益柱とする三菱地所や三井不動産の前2017年3月期の当期純利益は過去最高だった」(同上)という。

でも「デベロッパーの保有資産に大規模ビルが増える反面、地価の上昇で固定資産税の負担は増大し、収益を圧迫し始めている。この先地価が下落した場合は、現存リスクを抱えることとなる」(同上)という。

今年は何とかもちこたえたとしても、来年は市況がどうなるか、どう乗り切るのかみてみたいものです。

(週刊東洋経済2017.6.17より)

関連リンク

訴訟鑑定(地代・家賃等)