不動産

広大地は、開発行為を行うとした場合に、公共公益的施設用地の負担が必要と認められるなどの一定の要件を満たす場合に該当するものです。 したがって、開発行為を行うこと ...

不動産

路地状開発とは、路地状部分を有する宅地を組み合わせて戸建て住宅分譲用地として開発することをいいます。 「路地状開発を行うことが合理的と認められる」か否かは、次の ...

不動産

市街化調整区域内の土地ですが、広大地になりますか?と、言う問い合わせがありました。 1700㎡の土地で自宅として使用していますという、この土地が広大地に該当する ...

不動産

戸建住宅とマンションが混在する地域で広大地の評価判定をする場合には、注意が必要です。 特に、本件土地に戸建て住宅の建築分譲とマンションの建築分譲を想定し、それぞ ...

不動産

相続税の広大地評価における土地の最有効使用の考え方と、不動産鑑定評価上の最有効使用の考え方は全く違います。 その事を踏まえて、広大地評価を判断しなければ、結論は ...

不動産

広大地に該当するか否かの判断において原則として指定容積率が300%以上の地域に所在する土地は、広大地に該当しないとされています。 その理由として、「指定容積率が ...

不動産

ある裁決書にマンション適地等(「マンション用地」に適した土地)の判断について下記の記述があったので、記載します。(東裁(諸)平23第222号、平成24年5月16 ...

不動産

路地状開発の事例が周囲にあっても、広大地に該当するとした審判事例です。 原処分庁は、本件土地が属する財産評価基本通達24-4≪広大地の評価≫(本件通達)に定める ...

不動産

本件農地(A農地、B農地を併せて本件農地という)は、A農地及びB農地を併せて1区画の農地として評価すべきか否か(東裁(諸)平13第160号 平成14年2月25日 ...