不動産鑑定, 相続・時価評価

農地の物件調査

農地の物件調査について留意すべき事項は下記の通りです。

(イ)農地とは、「工作の目的に供される土地」(農地法第2条第1項)とされ、「耕作の目的に供される土地」とは、現に耕作されている土地のほか休耕地・不耕作地 ...

小規模宅地の特例

裁決要旨

請求人は、特別養護老人ホームの入所者には、租税特別措置法第69条の4《小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例》に規定する本件特例の適用が認められるのであるから、介護型有料老人ホームに入所した場合に、終身利用権の取得 ...

未分類

「地積規模の大きな宅地の評価-共有地の場合の地積規模の判定」について国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。

「地積規模の大きな宅地の評価」については、平成30年1月1日適用されたものですので目新しくこの記事は参考 ...

地積規模の大きな宅地

「地積規模の大きな宅地の評価-共有地の場合の地積規模の判定」について国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。

「地積規模の大きな宅地の評価」については、平成30年1月1日適用されたものですので目新しくこの記事は参考 ...

固定資産の交換

固定資産の交換の特例を活用するには一定の要件を満たす必要がありますが、所有期間は1年以上必要です。
所有期間が1年未満のため固定資産の交換の特例を否認された事例がありますので掲載します。

注意して交換手続き実務を行 ...

広大地・相続税還付

平成23年9月5日裁決

《裁決要旨》

請求人は、

①本件土地は、その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく広大で、本件における経済的に最も合理的な開発行為である戸建分譲開発を行うとした場合には ...

広大地・相続税還付

1.あらまし

評価対象地は、道路を開設するなどした開発行為を行うことが最も合理的であり、広大地として評価するのが相当であるとした事例です。

平成23年5月9日裁決

2.審判所の判断

イ.「標準的な宅地の地積」につい ...

評価単位・地目等

農地(田及び畑)の評価単位

田及び畑(以下農地という)は、1枚の農地(耕作の単位となっている1区画の農地をいう)を評価単位とします。(評基通7-2(2))

ただし、財産評価基本通達36-3に定める市街地周辺農地 ...

固定資産の交換

固定資産の交換の特例を適用するに当たり、所有期間が1年超えか否かが争いになった事例がありますので、掲載します。

判決事例(期間は1年未満)

①本件土地は、前主甲から乙、乙から西会社に売り渡された後、丙会社から納税者に交換され ...

借地・底地・地代・家賃

借地上に駐車施設を設けて駐車場とすることに関する判例がありましたので掲載します。

【借地上に駐車施設を設けて駐車場とする行為は借地の転貸に当たらないと解した事例】

判4東京地判昭56・6・17(判時1027・8 ...