不動産鑑定, 相続・時価評価

長年不動産をそのままにしていることによって、時代に合わなくなったり、収益性が悪くなったりすることがあります。
そのような場合には、資産の組み替えによる土地の有効活用を考えてみましょう。

(1)概要

相続が始まっても、 ...

不動産

固定資産の交換の特例を適用するにあたり、「同一の用途に供する」とは何かについて争いになった裁決事例を掲載します。

裁決事例(同一の用途に供するとは)

 

①請求人は、本件交換により取得した ...

小規模宅地の特例

小規模宅地の特例の適用を受けるにあたって争いになった裁決事例がありますので掲載します。

(平22.6.14東裁(諸)平21-177)

 

裁決要旨

 

請求人は ...

借地・底地・地代・家賃

相当期間の経過は賃料が不相当かどうかの判断の一事情であるとした事例

最判平3・11・29(判時1443・52、判タ805・53、金法1314・27、金商933・3)

 

建物の賃貸人が借家 ...

評価単位・地目等

本件土地は、ゴルフ練習場敷地の一部として本件会社に貸し付けられているが、本件会社が造成工事を行っている場合の土地評価について争いになった事例

(東裁(諸)平20第75号 平成20年11月13日裁決)

1.本件土地の概 ...

不動産

固定資産の交換の特例を適用するにあたり、交換資産の時価についての争いになった裁決事例がありますので掲載します。

裁決事例(交換資産の時価)資産の交換当事者間には、地主と借地人という関係はあるが、利益を共通にするような特殊関係は認 ...

借地・底地・地代・家賃

賃貸人に対する背信行為と認めるに足りない特別の事情について判例がありましたので掲載します。

【賃借人が、借地上の建物の建て替えに当たり、賃貸人から得た承諾とは異なる持分割合で新築建物を共有したことにつき、賃貸人に対する背信行為と ...

不動産鑑定, 借地・底地・地代・家賃, 立退料

【解約申入れの6か月以降になされた立退料の提示を当初の解約申入れの正当事由の判断に際して参酌した事案】

最判平3・3・22(判時1397・3)

建物の賃貸人が解約の申入れをした場合において、その申入れ時に借家法 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

農地の物件調査

農地の物件調査について留意すべき事項は下記の通りです。

(イ)農地とは、「工作の目的に供される土地」(農地法第2条第1項)とされ、「耕作の目的に供される土地」とは、現に耕作されている土地のほか休耕地・不耕作地 ...

小規模宅地の特例

裁決要旨

請求人は、特別養護老人ホームの入所者には、租税特別措置法第69条の4《小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例》に規定する本件特例の適用が認められるのであるから、介護型有料老人ホームに入所した場合に、終身利用権の取得 ...