不動産鑑定, 相続・時価評価

路線価が時価を上回ることに当事者(請求人・原処分庁)は争いはないが、時価について争いになった裁決事例がありますので、掲載します。 請求人及び原処分庁の行った両鑑 ...

相続・時価評価

不動産鑑定士が相続税法上の時価を求めるにあたっては、相続税法、評価基本通達等を十二分に理解していないと、依頼者にご迷惑をおかけすることになります。 その典型的な ...

不動産, 固定資産の交換

固定資産の交換の特例を適用するにあたり、「同一の用途に供する時期」について争いになった裁決事例がありますので掲載します。 判決事例(同一の用途に供する時期) 取 ...

相続・時価評価

被相続人が代表を務める会社に、法人の建物の敷地を貸していた。 その土地の賃貸関係において将来その土地の賃貸関係において将来その土地を無償で返還すると約し、税務署 ...

小規模宅地の特例

被相続人の居住の用に供されていたが、土地区画整理事業の仮換地の指定を受けた土地が相続開始の直前には更地があった場合に居住の用に供されていた宅地に該当するかが争い ...

借地・底地・地代・家賃

借地借家法32条1項の規定は、強行法規であり、賃料自動改定特約等の特約によってその適用を排除することはできないものである。 そして、同項の規定に基づく賃料減額請 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

長年不動産をそのままにしていることによって、時代に合わなくなったり、収益性が悪くなったりすることがあります。 そのような場合には、資産の組み替えによる土地の有効 ...

不動産

固定資産の交換の特例を適用するにあたり、「同一の用途に供する」とは何かについて争いになった裁決事例を掲載します。 裁決事例(同一の用途に供するとは) ...

小規模宅地の特例

小規模宅地の特例の適用を受けるにあたって争いになった裁決事例がありますので掲載します。 (平22.6.14東裁(諸)平21-177)   裁決要旨 ...

借地・底地・地代・家賃

相当期間の経過は賃料が不相当かどうかの判断の一事情であるとした事例 最判平3・11・29(判時1443・52、判タ805・53、金法1314・27、金商933・ ...