不動産

下記のような土地があります。 本件土地は、土地A 地目 宅地550㎡、土地B 公簿地目 田(現況 居宅の敷地の一部) 200㎡、現況AとBを一体とした土地で建物 ...

不動産

広大地の仕事おさめ!! 今日12/24(水)、今年最後の広大地の意見書を提出してきました。 ご依頼主からの依頼がこれで3件目、すべて3階建、4階建の共同住宅です ...

不動産

土地を開発するとした場合に、公共公益的施設用地の負担が必要になるから、広大地に該当するとした事例があります(下記)。 その審判事例(平成24年8月28日裁決)で ...

不動産

本件は、共同住宅を建てることにより相続税評価額が約18%減額されることから、相続対策として鉄骨造3階建の共同住宅を建てた敷地が、広大地として認められた事例です。 ...

不動産

月刊「税理」9月号の「BOOK REVEW」(ブックレビュー)にて、 「広大地評価判定の実務」(新刊書)、弊社不動産鑑定士・小林穂積著が紹介されました。 月刊「 ...

不動産

最近とみに思うのですが、広大地評価判定において、 広大地の面積基準が厳格化してきているようです。 17年情報で、面積基準の項目を設けています。 -------- ...

不動産

「広大地評価・判定の実務」新刊書(小林穂積著)が、㈱全国賃貸住宅新聞社「家主と地主」vol.56 2014年9月号で読者プレゼント(5冊)されることが決定いたし ...

不動産

4階建マンションと3階建マンションが建つ土地がともに広大地として認められたケース 3階建と4階建の鉄骨造共同住宅が建つ敷地が、広大地として認められた事例です。2 ...

不動産

◆広大地の面積基準は下記の通りです。 ・市街化区域 三大都市圏:500㎡ それ以外の地域:1,000㎡ ・非線引き都市計画区域:3,000㎡ 名古屋の審判事例は ...

不動産

2014.6.19付の「日本経済新聞」朝刊に「広大地評価・判定の実務」小林穂積 著(ファーストプレス)の広告が掲載されました。 不動産鑑定・底地・借地などのコン ...