不動産

マンション適地等(マンション用地に適している土地)の要件について、審判事例(平24・7・4裁決(東裁(諸)平24-6)裁決事例集88)では下記のように述べていま ...

不動産

広大地とは、その地域における標準的な宅地に比べて地積が広大で、都市計画法に規定する開発行為を行った場合に公共公益的施設用地(道路)の負担が生じるような宅地のこと ...

不動産

広大地通達において、広大地として評価する土地は、5,000㎡以下の地積とするとされていますが、地積が5,000㎡を超える土地であっても、公共公益的施設用地(道路 ...

不動産

「その地域における標準的な宅地の地積」とは、裁決事例等によれば「その地域」の宅地の平均的な地積のことをいいます。これは、公示地や基準地の地積や開発事例の地積等を ...

不動産

経済的に最も合理的に戸建て住宅の分譲を行った場合に、道路を必要とするか否かで判断するのが相当です。したがって、道路に面して間口が広く奥行がそれほどではない土地や ...

不動産

手前みそですが、アマゾンのHPで、広大地(こうだいち)の私の本「広大地評価・判定の実務」 が売れているそうです。 ええ!新刊書を出して、もう1年になるのに、今で ...

不動産

市街化調整区域内の宅地が広大地に該当するかどうかについては、各例指定区域内の宅地であり、都道府県の条例の内容によって、戸建分譲を目的とした開発行為を行うことがで ...

不動産

「路地状開発と広大地判定」と題して、再度取り上げたいと思います。 路地状開発が妥当か、広大地に該当するかが争われた裁決事例です。 1区画のために開発道路を設置す ...

不動産

①先日下記のような土地について、広大地になるか否かの相談がありました。 別図1のように開発道路を設置し100~130㎡の区画割をすれば、別図1の北奥区画-3の ...

不動産

最近、工場の敷地が広大地になりますかという問い合せがありましたので、ご報告申し上げます。 対象地の周辺三方は工場、一方はモータープールという土地です。この土地は ...