相続・時価評価

登記簿上,主たる建物および附属建物と記載されていても,各建物の機能・貸付の状況から判断すると,2画地の宅地として評価すべきとした事例 (平成25年10月1日裁決 ...

不動産, 相続・時価評価

本件A宅地および本件B宅地について,それぞれを1画地の宅地として評価すべきか否かが争いになった事例 (名裁(諸)平10第89号・平成11年5月24日裁決) 本件 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

    【事例】A28 H24.5.30 請求人は、甲土地(無道路地)の奥行距離が本件道路から150mであるにもかかわらず、財産評価基本通達 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

路線価が時価を上回ることに当事者(請求人・原処分庁)は争いはないが、時価について争いになった裁決事例がありますので、掲載します。 請求人及び原処分庁の行った両鑑 ...

相続・時価評価

不動産鑑定士が相続税法上の時価を求めるにあたっては、相続税法、評価基本通達等を十二分に理解していないと、依頼者にご迷惑をおかけすることになります。 その典型的な ...

相続・時価評価

被相続人が代表を務める会社に、法人の建物の敷地を貸していた。 その土地の賃貸関係において将来その土地の賃貸関係において将来その土地を無償で返還すると約し、税務署 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

長年不動産をそのままにしていることによって、時代に合わなくなったり、収益性が悪くなったりすることがあります。 そのような場合には、資産の組み替えによる土地の有効 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

農地の物件調査 農地の物件調査について留意すべき事項は下記の通りです。 (イ)農地とは、「工作の目的に供される土地」(農地法第2条第1項)とされ、「耕作の目的に ...

相続・時価評価

介護付終身利用型有料老人ホームへの入所は一時的なものとはいえず、従って被相続人は家屋を居住の用に供していたとはいえず、小規模宅地の特例はできないとした事例 (平 ...

相続・時価評価

1.土地の評価 (1)財産基本通達 相続財産の価額は、それぞれの財産の現況に即して評価することになっていますので、相続人ごと又は現況の利用形態に応じて評価単位を ...