不動産, 不動産鑑定, 相続・時価評価, 評価単位・地目等

相続人の1人が遺産分割により取得し同族会社に一括貸ししていた単独所有地および共有地の評価単位は全体を一画地とするのが相当とした事例 (東裁(諸)平24第123号 ...

不動産, 不動産鑑定, 評価単位・地目等

遺産分割の一部が評価通達7-2(1)注書に定める不合理分割に当たる場合には,その不合理分割に当たる部分のみ分割前の画地により評価単位を判定し,それ以外の部分は分 ...

不動産, 不動産鑑定, 評価単位・地目等

5棟の共同住宅の存する本件各宅地の評価に当たり,評価単位をどのように見るべきかが争われた事例 (東裁(諸)平25第111号・平成26年4月25日裁決) 本件各土 ...

不動産, 不動産鑑定, 相続・時価評価

  財産評価基本通達により求めた価額が時価を上回る場合は、特別な事情があると認められるので、他の合理的な評価方法即ち時価鑑定を採用された事例 (関裁( ...

不動産, 不動産鑑定, 相続・時価評価

本件土地の評価単位をどのように見るべきかが争われた事例 (東裁(諸)平21第78号・平成21年12月14日裁決) 本件土地の概要 本件土地の明細は下記の通りです ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

本件土地を1画地として評価すべきか否かが争われた事例 (東裁(諸)平21第12号・平成21年8月26日裁決) 本件土地の概要 相続開始日現在において被相続人およ ...

不動産, 不動産鑑定, 相続・時価評価

本件土地は本件自宅等の敷地として一体で利用されていると認められるので,本件土地全体を1画地の宅地として評価すべきとした事例 (東裁(諸)平17第42号・平成17 ...

不動産鑑定, 広大地・相続税還付, 相続・時価評価

各土地全体を一画地として貸家建付地および広大地として評価すべきか否か,土地の評価上の区分および評価単位と広大地補正の可否について争いになった事例 (平成20年1 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

    【事例】A28 H24.5.30 請求人は、甲土地(無道路地)の奥行距離が本件道路から150mであるにもかかわらず、財産評価基本通達 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

路線価が時価を上回ることに当事者(請求人・原処分庁)は争いはないが、時価について争いになった裁決事例がありますので、掲載します。 請求人及び原処分庁の行った両鑑 ...