借地・底地・地代・家賃

賃貸人に対する背信行為と認めるに足りない特別の事情について判例がありましたので掲載します。 【賃借人が、借地上の建物の建て替えに当たり、賃貸人から得た承諾とは異 ...

不動産鑑定, 借地・底地・地代・家賃, 立退料

【解約申入れの6か月以降になされた立退料の提示を当初の解約申入れの正当事由の判断に際して参酌した事案】 最判平3・3・22(判時1397・3) 建物の賃貸人が解 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

農地の物件調査 農地の物件調査について留意すべき事項は下記の通りです。 (イ)農地とは、「工作の目的に供される土地」(農地法第2条第1項)とされ、「耕作の目的に ...

小規模宅地の特例

裁決要旨 請求人は、特別養護老人ホームの入所者には、租税特別措置法第69条の4《小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例》に規定する本件特例の適用が認 ...

地積規模の大きな宅地

「地積規模の大きな宅地の評価-共有地の場合の地積規模の判定」について国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。 「地積規模の大きな宅地の評価」については、 ...

地積規模の大きな宅地

「地積規模の大きな宅地の評価-共有地の場合の地積規模の判定」について国税庁の質疑応答事例がありましたので掲載します。 「地積規模の大きな宅地の評価」については、 ...

固定資産の交換

固定資産の交換の特例を活用するには一定の要件を満たす必要がありますが、所有期間は1年以上必要です。 所有期間が1年未満のため固定資産の交換の特例を否認された事例 ...

広大地・相続税還付

平成23年9月5日裁決 《裁決要旨》 請求人は、 ①本件土地は、その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく広大で、本件における経済的に最も合理的な開発行為 ...

広大地・相続税還付

1.あらまし 評価対象地は、道路を開設するなどした開発行為を行うことが最も合理的であり、広大地として評価するのが相当であるとした事例です。 平成23年5月9日裁 ...

評価単位・地目等

農地(田及び畑)の評価単位 田及び畑(以下農地という)は、1枚の農地(耕作の単位となっている1区画の農地をいう)を評価単位とします。(評基通7-2(2)) ただ ...