固定資産の交換

交換取得資産を同一の用途に供する時期

交換取得資産は,交換の日の属する年分の所得税の確定申告書の提出期限までに,交換譲渡資産の交換直前の用途と同一の用途に供さなければなりません。ただし,交換取得資産を交換譲渡資産の交換直前の用途と同一の ...

評価単位・地目等

宅地造成を誰が行ったかどうかは地目の判定に影響を及ぼすものではなく、かつ又本件土地は課税時期において建築途上の共同住宅の敷地があるので、宅地と解するのが相当とした事例 

 (名裁(諸)平11第52号 平成11年12月22日 ...

広大地・相続税還付

本件土地は、開発道路を敷設せずとも、標準的な敷地に区画割が可能なので、広大地に該当しないとした事例

(関裁(諸)平23第67号 平成24年3月27日裁決)

1.本件各土地の概要

本件1土地の地積は、2,166㎡( ...

相続・時価評価

介護付終身利用型有料老人ホームへの入所は一時的なものとはいえず、従って被相続人は家屋を居住の用に供していたとはいえず、小規模宅地の特例はできないとした事例

(平20.10.2東裁(諸)平20-52)

裁決要旨

借地・底地・地代・家賃

そのような行為は自らその借地権を放棄したことになるという判例がありましたので掲載します。

【借地上の建物賃貸は土地賃借権の無断譲渡ではなく、かつ、土地賃貸借契約の合意解約は建物賃借人に対抗できないとした事例】

...

相続・時価評価

1.土地の評価

(1)財産基本通達

相続財産の価額は、それぞれの財産の現況に即して評価することになっていますので、相続人ごと又は現況の利用形態に応じて評価単位を区分することになります。

(2)評価通達7(土地の評 ...

広大地・相続税還付

既に開発を了しているか否かが争われた事例

平成18年5月8日裁決

1.本件土地4の概要

土地4は、不整形な無道路地で、半分以上は空閑地である。当該地域内の標準的な宅地の地積は151.00㎡である。

2.審判 ...

広大地・相続税還付

市街化区域内に存する隣接する2筆の土地について

下記の3点の適用可否等が争われた裁決事例です。

1. 農地の評価単位

2. 正面路線の判定

3. 広大地評価

(平成14年2月 ...

広大地・相続税還付

事務所、倉庫、作業所の用途に供している土地であるが、広大地に該当するとされた事例

(名裁(諸)平18第23号・平成18年10月10日裁決)

本件各土地の概要(1)本件土地E

本件土地Eは、地積2,564.32㎡の ...

小規模宅地の特例

介護付有料老人ホームに入居したことにより、小規模宅地の適用を受けられないことについて争いになった事例を掲載します。

(平24.8.2大裁(諸)平24-18)

裁決要旨

請求人らは、被相続人は終身利用 ...