相続・時価評価

利用価値が著しく低下している宅地の評価は、その評価に対応する価額分の10%評価減を認めるという記事が国税庁のHPにありましたので掲載します。 利用価値が著しく低 ...

広大地・相続税還付

既に開発を了しているか否かについて争いになった裁決事例がありますので掲載します。 平成23年4月21日裁決 本件甲土地は、既に開発を了した共同住宅の敷地として有 ...

不動産鑑定, 相続・時価評価

特別な事情があるので通達によらず不動産鑑定により時価を求める必要があるとした事例(裁決事例) 広大な土地(本件甲土地という 11,224.53㎡)の土地の価格は ...

固定資産の交換

固定資産の交換の特例を適用するにあたり、棚卸資産か、固定資産かで争いになった裁決事例がありますので、掲載します。 裁決事例(棚卸資産に該当せず、固定資産である) ...

広大地・相続税還付

相続対策として共同住宅(3階建等)を建ててしまった場合、又建てようと計画している場合 (1)広大地か否かの判断の仕方 広大地とは、「その地域における標準的な宅地 ...

不動産

固定資産の交換の特例を適用するにあたりその特例の要件の1つ「同一の用途に供する」ことに関する記事がありましたので掲載します。 同一の用途に供するとは,交換したの ...

評価単位・地目等

「私道の評価と私道の地目変更等の費用の関係」について裁決事例がありましたので、掲載します (関裁(諸)平22第91号 平成23年6月7日裁決) ≪裁決要旨≫ 請 ...

不動産鑑定

市街化調整区域内の土地は利用制限が厳しく建物が建つか否かによって、土地は大きく差が生じるのが現状です。 不動産鑑定の作業をするにあたっての留意事項についての記載 ...

評価単位・地目等

同一目的に供される雑種地の地目の判定は、現況主義!よって雑種地は一体評価という内容の裁決事例を掲載します。 東裁(諸)平21第78号 平成21年12月14日裁決 ...

広大地・相続税還付, 評価単位・地目等

本件は、A、B、C,Dの各土地は、一画地として貸家建付地及び広大地として評価すべきか、即ち土地の評価上の区分及び評価単位と広大地補正の可否について争いになった事 ...